プレスのトラブル

いや〜今まで大量にプレスしたきたけど、
始めてプレスでトラブルが起きた。


トラブルの内容は簡単で、
発注内容より少ない納品数と。


まぁザックリ言うと、
製品版を800枚のサンプル版を200枚で、
合計1000枚発注したけど、
何故かサンプル版の200枚が無いと。


納品書の数は同じ800/200で1000となっているけど、
送られて来たのは製品版の800だけだったのよね。


とりあえず業者に電話して確認したが、
サンプル分200の行方がわからないと。


業者さんの担当者さん平謝りで、
再プレスすると言ってくれてるが納期もあるしね〜


まぁワタシもこの業界長いんで・・・
最初からこの展開は予想出来ていたので、
業者さんがちゃんと非を認めて謝るなら許そうと思っていたので、

電話でぶっちゃけトークを!笑


※万一ホントに入ってなかったんですか?とか疑うような態度なら、
会社潰すくらいの勢いで訴訟とか
あらゆる業界仲間を使って拡散とかして
追い込みかける気だったのは言うまでもない!wwww

 


電話の内容は・・・
まぁサンプル刻印だけの話なんで、
再プレスしたらまた1000枚を0からになるんで、
完全にそちら赤でしょ!と。


この会話の時点で業者さん、
"おっしゃるとおりでございます"と苦笑い・・・ww

 

まぁ製品版に影響無いんで今回はウチが泣いてあげるよと。

 

 

なんでこんな話になるかと言うと
CDの盤にはちゃんとそれぞれ製造刻印があって、
基本それが被ってはいけないのですよ。


なので、
製品版800の型番が12345だとしたら、
再プレスは別ロット扱いになるんで、
12346とかになるワケね。


つまり、
今回みたいなケースで再プレスの場合は、
最初の800を廃棄して後から来る1000のほうで販売になるんで、
正直糞だるいと。


まぁ商売でCDを作る場合は、
不足の事態に備えて数は最初から余裕を持たせて発注してるので
今回はまぁ事なきを得たが、
何でもギリギリの数でセコク経費を削ろうとすると、
思わぬところで足をすくわれるので注意いである。

 

今は何でもトラブルがあると今はスグ喧嘩や訴訟になるが、
最初からトラブルを想定して動けば回避も出来るし、
何より良い付き合いの業者さんが減るのは制作サイドとしては痛いのでね。

 

最終的には次もオタクでプレス出すからちゃんとしてね!

したら業者さんが、

次回プレスの時は勉強させて頂きますので!

その旨メールでご連絡させていただきますので!!

って笑いながら話して今回の件は終了。

 

まぁこの電話で話した担当者さんが悪いわけではないからね。

 

なんかワタシのイメージだと速攻怒鳴りつけてブチ切れるように思われるが、

こ〜ゆ〜仕事上でのトラブルで喧嘩はしない主義。

 

時間とカロリーの無駄遣いなんでね。

冷静お互いの損失を最大限に減らす展開を考えるべき。

 

怒鳴っても怒っても現実は何も変わらないからね。

 

 

にしても今回の話だけじゃないけど、

やっぱ最近は世の中にバカが増えたのかな〜と。

 

おそらく工場の担当が数を見間違えたのが原因だと思うけど、

ホントしっかり確認とか出来ないバカが増えてきたと思う。

 

馬鹿は自分が賢いと錯覚してるんで、

一度流れで思い込んだら再確認という思考が無い。

だからミスをするしバカなのであると気付かない・・・

 

そんな事を繰り返しいると他人からの評価は下がり、

いつの間にか仕事が来なくなると。

 

そしてそ〜なっいてバカは言う。

"何で注意してくれないんですか”とね。

 

哀れな物である。

 

 

これからの時代は、

業者だから!

ちゃんとした会社だから!

と言っても全面の信用が置けない時代が来るのかなと。

 

人の質の低下が本当に怖い・・・

 

 

昔会社経営してる友達が言ってた、

"当たり前の事が当たり前に出来る人がほしい"って言葉の重さを感じるね〜

 

と言うワケで昨日からCD関係でバタバタしてて何も出来ないと・・・

まぁ明日には検品と発送は終わると思うので、

Mixとかテレギブ制作とかブログとかは火曜以降かな・・・

 

 

By,Otoya


4.29M3用CD完成

M3用のCDがプレスされて無事到着。

 

いつもど〜りの感じ。

 

 

 

 

強いて違いを言えば・・・

今回は”Verず〜か〜"の存在が!!

 

って感じでM3用CDの製作は完全終了なんで、

後はウチのM3当日組みに任せると。

 

あ、

関係者配布用の撮影忘れた・・・

 

 

By,Otoya


【続】なぜバンドプロデュースをする事にしたのか・・・

昨日の続き。

 

弦楽器であるギターやベースは、

その音や演奏時のかっこ良さから昔は10代半ばではじめる人が多かった。

 

おかげで初心者用の入門セット的な産業廃棄物が跋扈してたんだけどね・・・

まぁあれはあれで意義があったのかもしれないけど、

やっぱ楽器は音感と直結するので最初から精度の悪い楽器モドキで始めるのと、

ちゃんと職人が手を入れて調整した楽器で始めるのではスタートラインが違うと思う。

 

特に初心者が挫折する一番有名な理由の一つ、

"Fが押さえられなくてやめるシンドローム”

経験上この原因の90%くらいはナットの不備である。

 

ナットは消耗品であり構造上調整方法は基本"削る"である。

 

あくまで調整は"削る"のでのあって"盛る"ことは無いので、

必然的に出荷時は溝が浅い。

 

ナットはオーナーが決まった時に調整するのもであり、

そのショップにリペアーマンがいればその場でやるのが普通だが、

最近ではそれをやらない店も多いし、

店舗でも職人がいない店や通販では、

そもそやりようが無い販売環境の場合もある。

(そもそもちゃんとした職人以外にやられても迷惑なだけだけど・・・)

 

だから、

せっかくウチではやるからには、

ちゃんと最初からその人に合わせて楽器を用意することにした。

 

うちのブログを見てればわかると思うけど、

弦楽器作りやカスタムは日常なんで手間でもなんでもない。

 

楽器自体も仲間内で使わないのをもらったりなので別に売って儲けようと思わないと。

 

後、

なんで色々楽器とか用意してるのに参加者からお金取らないの?と聞かれるが、

 

それは昔自分がバンドで仕事してた時、

付いてくれたプロデューサーの方が良い人で、

その人の生き様から受けて影響である。

 

当時言われて凄い印象に残ってるのが・・・

 

「プロデューサーってのは命令する人ではなく経験からバンドに道を示す人、

バンドが売れれば俺も収入が増えるので応援するし、

バンドが自分たちが売れるように頑張れば、

やっぱり俺の収入も増えるので最初からプロデュース料とかは取らないから。

 

バンドとプロデューサーは同じ共通目的で進まないとダメなので、

最初バンドからプロデューサー料取って後は知らないよってのは、

俺のスタイルではないので一緒に成功するように頑張ろう!」

 

って言われたこと。

 

これが自分の中である種基本になってるので、

ウチはウチ主催で何かやる企画では費用は全部ウチで出すことにしていると。

 

ただまぁ自分たちはある意味"投資”をするワケなんで、

利益を出したければそのバンドさんをしっかり押すし

それで利益が出れば参加者に還元するし、

これが資本主義社会におけるバンドとレーベルの正しい共存関係だと思っているので。

 

それに何より自分の音楽で稼いだって自信にもなりプロ意識も芽生えるかなと。

 

ちなみにウチは元々が"同人屋"ではないので、

CDの全国流通も楽勝だし都内の有名ライブハウスなんかに伝もあるんで、

ちゃんとバックアップは可能ね。

 

 

まぁあとりあえずバンドの顔であるVo決めないと進まないので、

まずはVo探しからかなと〜

 

 

また随時更新はして行くの興味ある方は見てくださいねと。

所属バンド募集開始

連絡、問い合わせもお気軽に。

 

 

By,Otoya


なぜバンドプロデュースをする事にしたのか・・・

何となく暇

・・・

・・・・

・・・・・

じゃなくて、

最近はバンド人口も減り、

ギターの売り上げは半分くらいになり、

若い子も音楽を始めるならギターではなくPC・・・

そんな時代でもバンドをやりたい!って人がいたら手伝いたいなと思い、

今回の企画になったと。

 

昔はギターなんてそれこそ身近な先輩とか、

学ぶところは多かったけど、

今は先輩後輩の関係も昔とは違うし、

何よりバンドやってる先輩がいること自体も少ないかなと。

 

なのでやりたいけどメンバーが集らないし、

何をしたら良いかわからない・・・

そ〜ゆ〜人たちの手助けのため!ってのでもあります。

 

後、

弦楽器はピッチがいい加減なんで、

ちゃんと調整された楽器を最初から使わないと後で必ず後悔するので、

楽器もコチラで用意してあげるよ!と。

 

まぁ弦楽器の改造やメンテはワタシの本業の一つでもあるので、

最初からその人に合わせてフルカスタマイズしてやるよと。

 

仕事柄弦楽器は何とでもなるし、

何よりそれでやりたいけど楽器が無いからダメか・・・

と思ってた人でもチャンスはあるよ!ってなったら良いかなと。

 

まぁそんな感じではじめたのがプロデュース企画と。

 

ちなみに↓は提供用の楽器1号のジャズベ。

これの調整が終わったらギターも用意する予定。

 

本気でやるならPCも用意してDAWも叩き込んでやろうかなと!

まぁそんな感じですな。

 

 

By,Otoya


う〜んバンドのプロデュースしたいなぁ〜

バンドのプロデュースしたいなぁ〜

 

ウチのレーベルで本格的にバンドのプロデュースをしたい。

 

ライブやCD発売を目的に本気やりたい人いないかなぁ。

 

まぁ0からの初心者でも全パート教えられる人いるし、

ガチで頑張る気あるなら楽器も全部あげても良いし。

 

弦楽器なんて仕事柄いくれでもなんとかなるし、

しかもワタシがいるので弦楽器は常に最高のコンディションにしてあげられるしね!笑

 

ついでに余りの部品でDAW用のPC組んであげることも可能。

 

前はPCは余りで問題なく組めてもタダであげられても、

ソフトは買わないとで悩んだけど、

今ならCakewalk by BandLabがあるからな〜

良い時代になったよな〜

 

 

まぁいわゆるレーベル所属ってのに近い形になると思うので、
基本的は制作費用はウチで出します。

 

なのでまぁ糞事務所みたく最初良いこと言って後で金払え!

ってのはウチでは絶対に無いと約束できるかなと。


音楽をやりたいけどメンバーとかに縁が無いとか、

機材とか楽器がわからないとか、

それでも本気でバンドで活動したい!!って人なら、
全力で支援したいかなと。

 

ちなみに現時点では男女、年齢、経験は問わないけど、
まぁ都内で動ける人ってのが最低条件かなと。

 

あ、

今バンド組んでいてそのバンドで活動の幅を広げたいから!

ってバンドさんでもOK。

 

今企画を考えてるので近々詳細をHPのスペシャルで書いて募集開始予定!!

 


By,Otoya



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

奏-Label Twitter

奏-Label チャンネル

奏-Works チャンネル

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others